2021・06・30『天候不順につき』/p>

ここ2,3日は気温変動が激しい・・・皆様体調管理お気を付けください。

上着無しで外歩けません。塗装乾きません。水性なんかは特に乾かないです。

如何しても湿度の変化は気温の変化以上に影響大で、塗装はおろか、接着剤、化学反応系の樹脂類等は意外と水分と仲がいい、、、故に阻害してしまう。

昔の冗談でジハイドロジェン・モノオキサイドに関する危険性、毒性についての解説なんてネタがあったが、実のところ言うと人間然り、物にとってもこれだけ色濃く影響を与えるものは無いのかもと感じることはある。

当たり前を当たり前感じるだけでは何も理解できなくなるのかも知れません。

2021・06・25『旗の意味』/p>

誰だかが言っていた剣より旗が好き。傷つけないから。

しかしながらそれはロマンが通用した頃のお話で、今の世では如何でしょう。

オリンピック開催を控えどんな方向で・・・・開催するのだからこれもOKこれもOKこれもOK!!・・・・行く末が怖いかも。

話は変わってTwitterですが、つぶやく事の内容はちょっと悩んでまあ不快にならない政治系は要らない楽しい事見つけたらみたいに続けようとなりましたが・・・。

一番言えるのはTwitterやるならTwitter見ないとつまらないかも知れない(何を当たり前な)と感じています。つぶやくより知りたいの欲求の方が高いかもです。サイト管理者は。

2021・06・17『無責』/p>

したくはないが、あえてオリンピックの話。

なぜか。開催におけるリスクを皆取りざたするが、それは良い。おおいに議論すれば良いでしょう。なんにも変わりませんけど。

実行力の無い・・・力ない正義とあえて言わせてもらうのですが、リスクをなくす、為の争点自体がコロナ禍に入ってよりズレて、スライドして着地どころか不時着し続けているように見えら成らない。

第一にパンデミック下においての最大の目標は感染拡大の阻止。次点においては救命と寛解完治していけるシステムの構築では無いのだろうか。

この国における医療基盤ともいえる最大にして初手の有効な抑止のうりょくは町医者と言われる開業医であろう。病床の不足というがある程度の規模を誇る病院であっても受け入れの能力は限定的で、開業医に至っては受診制限〜拒否という有様である。まあ、気持ちは解る。自分が開業医だったら休業しますよ。そのほうがいいもの。

医療従事者だろう!!なんて台詞は聞こえません。自分も人間だし、人を雇用して体制を作って事に挑むのであれば、ここは不戦敗です。喜んで負けます。今の制度や、保証であれば。

開業医の方で、コロナ患者を受け入れて戦い続けている方がいらっしゃいますが、"受け入れ拒否出来ないようにしてほしい"との事を言っていましたが、ちょっと待って欲しいのです。考えて欲しいのです。

仕事をしていれば、それに関わっていれば、何もかも捨ててそれに身を捧げろと言えないです。言われたくもないのです。

それを"やる!!"決断をする材料には余りに色々なことが不足している状況、環境、制度、保証報酬という問題をすっ飛ばして物を言ってはいけないような気がするのは・・・気のせいだとおもえないのです。

勿論、前向きに活動に従事している団体組織、個人であれ、否定どころか尊敬や感謝の気持ちを抑えられないのですが、自分がやっているからお前もは・・・ないかもしれません。

さて、戻して戻して・・・。感染拡大を抑えるは実証として出来ないのはタイムチャートに併せた数字の変動で立証されているのは見て判るので、オリンピックを開催すれば必ず感染は拡大するでしょうし、状況は悪化するでしょう。

開催の成否を問う前にやっておくべきことが出来なかったのだから、どうするかに基づいた事を実施施行すべきな気がするのです。官民問わずに。

2021・06・16『梅雨の在り方って・・』/p>

人との会話・・「梅雨じゃないかも、雨季かも」。

局所的大雨が降る今日。警報なんかも出てますが、段々珍しくない(嬉しくない)天気の変化の仕方となっています。

子供のころの梅雨と今の梅雨の風景の差は明かに気候の変動なんだろうなあ。

巡り巡って人間の仕業なのでしょう。ただ、このままでは済まない様な・・・・。温暖〜高温化と言われるが如何でしょう。予測はあくまで予測位で、気候エネルギーの問題はそう簡単ではない気がします。

ともあれ、お天気だけでも少し落ち着いてほしいなと思うこの頃。

2021・06・15『原動力』/p>

物を作る時の原動力って何だろう?仕事とあらばそれは生業。業の絡む生きざまの様な物で。

じゃあ趣味の延長線??(疑問ある言い方ですが)の作り物って突き動かす力ってなんだろう。

作っていて楽しいは勿論あって、、、、なんですけれども人に聞きました。欲しいものない?って。

まあ、、、出てくる出てくる願望欲望。そこでちょっと気が付く。

夢描く衝動というか、欲求と云おうか。そんなものを多く抱えている人は、やっぱり色んな意味で豊かなんだろうなあと感じる。小さい時からの体験とか家庭環境(付随して友達)とかそういった物が物理的にも精神的にも豊かな事に毎度毎度気付かされる。

作家さんとも話をすると出てくるのが中学〜高校位のころの体験やら、思いやらって大きいよねなんて話をすることがある。それを後ろ盾る幼少の体験やら。

子供たちの周りの大人やら、年長さんへ・・・・君たちの役割は大きく、責任も重いことを自覚してね。

2021・06・11『話題的に・・・』/p>

ツイートするのに何をつぶやこうかで話題に。

政治、世相、宗教、とかは避けましょう。まあ、ここで少し?しているし。

製作会社なりの形、方向性と、地域性のある話題とか気付いたことで良いのではとなる。

作る会社ってどんなの?は、結構皆さん知っているんじゃないかとも思うんですが、その会社ごとの性格やら雰囲気やらありますので。

2021・06・09『つぶやく、さえずる、ツイッター』/p>

作ったものを出品しているのにツイッターやらないのはもったいないとの助言を受けて、アカウントを取りました。ここまでは良い。

さあ、何を呟こうか、友人たちのつぶやきなんかを見ると・・・あんまり参考にならないかな。悪い意味ではなく、個人ツイートとして秀逸過ぎて真似できない。法人ではないし。

別アカウントをとって中の人として云々も考えましたが如何だろうか。

とりあえず連携はする。先の形が見えない。やってみて。

2021・05・25『ハンドメイド?に関して思う事』/p>

サイトに出品するようになって3年の月日。世の中も変わって(否応さておき)出品する方向性も変わってきたなあ。

インドアホームワークとなってくると、家の中でのリラクゼーションやら、趣味で云々やらアウトドアであっても、ソロプレイングな部分をアシストするものとかが求められるのかなあと考えたり。

・・・・作る物・・・作り手的には"舞台"が変わっても一番大事なのは感情の豊かさを要求される様な気がする。試されていつような。そんな気がする。←(間違いだと思います)

オリジナル物を作り世に打ち出している人たちはやっぱり凄いなあ。というか感覚てき感情的にとてもリッチ(お金じゃないよ)。

考えさせられる。良い感性や感情を持つには如何したら良いのだろう。そういう発信していく人たちは豊かな人生を送っているのだろうか。

狭い付き合いの中でクリエイティブな人達は2極に偏っている気がする。幸せな人は意外とシュールな感性で物を作ったりするし、ちょっとココで言えないような半生を送られた人はとても綺麗な物を作ったり。

より戻しの如く見えるその出来た物の中にはその作者の情念の豊かさやあるいは"虚"と言っても良いような感情が見えなくなるような割り切り方やらが裏に潜んでいたり。

傾向としてエッジが立っていたり、抜け感があるものだったりというのがそこに現れるわけで、そこに中庸さが上手く受け皿になっている物が良い物なのか・・・・なんて考えていると多分売れないんでしょう(笑)

そこには芸術と工芸の違いが明確に存在するんだろうなあ。ハンドメイドサイトに出品するのなら、先ずは自分を幸せにしないといけないんだ。

2021・05・20『ちょっとこじゃれる』/p>

どうあっても中々に世に出回っており物は皆良くでいているやら可愛いやらで、真似をしようと(曲りなりにだが)思っても中々できなかったりするもので、それでも何か作ろうと思い立つ場合はやっぱり自分基準だったりする。

あると便利だなあという部分の凝ったものでなくベーシックな物を目指してみようか。

手持ちの材料の中で何で皆これを使わないんだろうと思う物のうちの一つ

ちょっと聞きなれないかなと思う材料"タリ材"ですが・・・硬く、極めて重いが極めて傷がつきにくく、光沢があり、塗装性がよい・・・・屋外重構造材、外装材、港湾用材、橋梁材、枕木、階段、バルコニー、車輌材、床材等など・・・・という特徴があり、以前無謀にもこれで名刺入れを作った事があった。

まあ、何で無謀かと言えばこの材料加工性は良いのだが、結果〜太刀を入れる毎に変化が起きやすい〜薄い材として成り立たせる事が、難しいのだ。

どんなふうに反るのかが見切り難く(何てったって良く"ひねる")使い難い(硬いし)

極めて重いというのは厚材として使用するのが多いという事情がそう言わせてしまう面もあるからだろう。

とか言いつつスライスしてしまうんですが。

まっすぐな板を作ろうと思えば"板目"は使えない。そのままでは無理がある。薄くなれば湿気の影響だけで変化が起きやすい

柾目の物は・・・・

こんな風にカット成形。何の形でしょう?

面取りして外形はほぼ出来上がり。後は取付の為の穴加工をする心算です。なんだろ?

2021・05・20『スーパーカー(死語)』/p>

普通乗用車のライセンスを取ったばかりの子にこんな事を聞いてみた。「車の性能で最も大切なことは?」

「ブレーキですか?」うーん賢い。あなたは生き残れるし人も殺さず済みそうだわ。高校生と思えない答えだ。

異論はあるかも知れないが・・・人にとっての車の大事な部分を問うたところで、車にとっての最も大事なことは?

車両なり、場面変わって飛行機なり電車なり乗り物が性能を発揮できるかできないかを大きく左右するのは"インフラ"の部分でしょうか。

以下に乗っている物の性能が良かろうとも、ブレーキを掛けても砂利道なら制動距離が倍以上伸びるだろうし、電車にしても軌道と地盤が安定していなければ速度限界や重量限界ひいては挙動に影響するし、プロペラの飛行機はおろか、ジェットエンジンで飛ぶ飛行機は飛ばなければまだいい方で、滑走路の状況次第では墜落する事すらある。

突き詰めた性能を誇れば誇るほど路面や軌道、滑走路の要求条件は厳しくなる。

良い性能のしわ寄せという物は往々にしてある物で、下手をすると謂れのない失敗の烙印を押される原因を問うた時に人の認識ズレとか不明とかが原因になることがままあるのではないでしょうか。

まあ、大体説明書を最後まで読まない人が多いのは世の常で、今も昔も変わらない。

取扱説明書が免責条件書になりがちなのは届かないラブレターの構図を見てるみたい。(ちゃんと読もうかな)

2021・05・19『責任世代』/p>

若い人たちを見ていて思う事がある・・・等と書くと年を取ったなあなんて事になるのですが、ここで注意(注視)すべきは若年層と高年齢層の繋がり方引き継ぎ方を見ないといけない気がする。

「最近の若いもんは」なんていうのはちょっと考えものかなあ? 実際には日常過ごしていると自分たちの後輩・・あとに続く人達だと考えれば自分の若い頃より真面目だなあとか、ケンカしないで上辺付き合いっぽいなあとか、杓子定規だなあとか、細かい事に気が付かされたりするものの、自分の後に続く人にしては良く出来てるよなあと思ったり。

まあ自分の先輩たちや同世代の人の方が、理にかなわない事を述べられたり、何自分を棚に上げてんだよとか感じたり、よく勉強しているなあとか、上手い事年を拾っているなあとか。

ベビーブーム、、、団塊の世代でいえば今70歳中頃?2次でいえば4,50歳?、まあこの年齢層人が多い世代で、・・・3次が欠落しているのは何故だろう。

就職氷河期?バブル崩壊?色々あるが一番の原因は当時の若い人たちが親たちの世代に対して希望を得ることが出来なかったのではないだろうか。

結果としては少子化なんてことになり・・・まあそれは結果としての現象で実際は大きな規模を誇った世代の地力やセンスがまるで的を得てなかった結果の様な気がする。

時効だから(もう引退したから)書いてしまうが、大きな人口の枠の中で突出した人材は勿論排出される確率は高くもなるかもしれないが、そのバランスはピラミッドの如くとは行かないわけで・・・。

世に打って出て、こういった大地震だのパンデミックだのを経験せず終焉を迎えた人たちは"難"(国難レベルで)を経験していない人ばかりだと思う。要するに自分の事しか頭になかったのではないあろうか。

その世代に師事していた世代だからこそ思うが、自分自身出来としては如何だろうなあ・・・不出来と思う。

何故か?

勿論その業界、その世界でいう所の"継承"というのをきちんとやってこれなかったし、次の世代がそれを読み取る事が出来なかったのが大きいでしょう。

世代の断絶からは何も良い所が継承できないのは当然で、伝えられないのは中身が到底自慢できるものではないからではないだろうか。

今の若い人たちはこんな1000年に一度の災難や国難が続く中でもとてもよくやっているから、年を取ったなりに気を取り直してせめて謙虚に理をもって行動していかないとと自戒する日々です。

2021・05・18『返る心の依り代こそ』/p>

結構この仕事をしていて思うのは、出来て当たり前と言うのはどの辺だろうと考えることがある。

物を作るってどういうことだ・・・まで考えが波及していってしまうのでいつも"次回にこうご期待"とか逃げてしまう事も多い。

まあ、広げずにいたいと考えても作る者、受ける(見る)の双方とも個人差があるのでやっぱり話はダダ広がる傾向になる。

一番は目に見えるものは発見であると認識するのが重要かもしれない。

コンテンツとしての作り物〜家具、什器、展示物、工芸的な、造形物、模型やら・・・まあ、漠然と見ればああ"有る"なでお仕舞になるし、ならないと人間の感覚域や記憶域が疲れてしまう筈。忘れるは実は重要な能力であったり、その中での選別はもっと重要であったり・・・。

食べ物と同じでそれはそれは趣味趣向見事とにバラバラ〜故の価値基準と付随した認識の幅の広さ故に答えって無いんだろうなあ。

だから明文化された仕様書、諸元表等が必要になる・・・はず・・・だ。

戻して戻して・・・"出来て当たり前"

一番大事なのはその出来て当たり前を大事にする事ではないだろうか。通念的にまかり通ていることを立場が違えど大事にする事だろう。

その"事柄・仕事・お付き合い・諸々関わる事"において大事にする気持ちが無いと何にもならないかも知れない。

まあ、そこから先はコミュニケーションの領域になっていくのでしょう・・・あれ??出来た物とは関係って有るのかな。

実は出来ての部分は不定形のアヤフヤなのだから、出来た物体としての商品はあんまり問われないのかもしれない。この辺は恋愛やら友好やら結婚とかに近いのが本当ではないかなあ。

いやー・・・・出来て当たり前の"当たり前"って好き嫌いの事だったのか・・・。いや・・・その好き嫌いの根っここそ人間性と言うやつなのかも。

2021・05・10『感覚的温度と法則と和の照明』/p>

「この商品ないんですよね。」と店員さんから言われたのが今回の話の発端

何の商品かと言えば光源。LEDライトのお話。

良く取りざたされる"光"を表す単位として、"輝度""照度""温度"〜"カンデラ""ルクス""ケルビン"がある。

卵が先か〜なお話で、感覚的受動的な指数を法則に置き換えたもの・・・か、その事象(見え方くらみ方)を指数的に理解して・・・・まあ、簡単に言えば?どんな"雰囲気"になるかを数値的に表すことでカタログやらお話しやらで伝わりやすいから使う単位の事。

なーに言ってんだ?と言えばまあ・・・直接光源を見てまぶしい!!となって目にどのくらい影響を(やらないで下さいね)与えるだの、物がどの位見やすいだの、火にたとえるなら赤〜白〜青の違い・・・みたいな事だと伝わりやすいでしょうか。

星に例えるのも伝わりやすいかもしれません。大きさに関係なく、強力な光と放射線を放つ・・・・とか、恒星からの距離も加味しながらの惑星の見え方。

温度なんかは温度そのもので、青(高温)〜赤(低温)となります。放つ光の色彩により温度を知るのはまさに天体観測からでしょうか。

話を戻して・・・

買ってきたLEDです。そのままの状態ですが商品としては"電球色"として売られていました。

模型製作で使用するので、このままでは・・・と考え少し手を加えます。方針としては"簡単""調整できる""電球の色になるべく寄せる"

まあ簡単なのは

塗ってます。オレンジ色の部分です。ただのマジックです。 やり直したくなったら無水エタノールで簡単に拭き取れます。

温度調整としてはとりあえずこれで様子見で、輝度を下げたい〜色々方法はあるのでしょうけど・・・例えば拡散シートを貼るとか、アクリルの乳半色を付けるとか・・・・いや・・と考えてやったのが

気に入らなければ剥がせば良いとばかりにマスキングテープである。行灯と同じ。紙でも十分に効果を発揮する。

赤みをマジックでマスキングテープの上に加えて・・・この位でしょうか?

大抵の場合に言える事ですが、拡散をさせればさせるほど輝度は低下します。其の分照度は(場所の)平均化をします。

輝度を気にせず照度の平均化をしたい場合は、手段が許せば反射による平均化を行う時もあります。

2021・04・21『連載形式にて製作記・・・2』/p>

先日に描いた内容の続きというか付随してのことをちょっと書いてみます。

ミニカー、分解等で検索すると大概出てくるのが"カシメを外す"という話題が登場します。

作業中の写真。 金属部分から伸びている棒状の部位の先端がキノコの傘の様になっていて底面との結合をに担っています。 引っかかりで結び付けているんですね。

写真はドリルで解除中ですが、コツとしては口径の小さいドリルで"へそ"を決める事。

バリが出やすいので、切れない刃でやると難渋させられる仕事です。"へそ"がうまく決まっていると後が楽です。棒の真ん中に極力すり鉢状の中心が来るようにしておきたいのはこの後の作業にが待っているから・・・。

さて、分解早々復旧する事を考えないといけません。そこでねじ止めの為の穴〜ネジ穴が必要になります。

金属から延びている棒状の部位は3mm程度しかありません。そこに2mmの穴を空けます。・・・・・・???どういう事でしょう???

相当慣れというか・・・手がいう事を聞かないと出来ない作業です・・・が・・・・・仕事なのでやります。自分でバラしたんだから戻さなきゃ。

穴の角度に気を付けてやると失敗が少ないです。"へそ"掘り進む度に角度を調整〜堀り進む〜再び角度を調整といった具合。

ネジ穴を作る為には"タップ切り"でした穴をネジ穴に切削します。

今回は2.6mmのネジで再組み上げをしました。

其処までの必要性が無ければ接着材を使った組上げとしても良いのかもしれません。

ただ、今回のモデルはこの方法でないと機能部分も含め復旧できなかったというのが理由でしょうか。扱う方にも気を使わせるからと言うのもあるのですが。/p>

既存のシャベルとアームは糸鋸で切り外してしまいました。

本来のセット方法と違うも良い所なのですが、ドライバールームの壁面に穴あけ〜ねじ止めとします。

いかんせん切削機が大きすぎて元の取付ヒンジが使えません。自作でヒンジも付けることは出来なくないですが、今回は考えられる範囲で一番強度の出る方法でセットしました。

ご家庭で一番これが大変だろうな・・・。塗装してセットすれば前回の記事に乗せた写真の様になります。

2021・04・19『連載形式にて製作記』/p>

偶にこんな事をやったりのネタでも、凄く身近な物を使った・・・改造?転用?になるんでしょうか。そんなご紹介。

皆さん、特に男の子は皆知っている例のミニカーのベーシックな物を使って事業説明用のモデルの付属品を作った・・・・のだけど、その派生形を作ってみた。

何分、オーダメイドでお仕事をするので、その物を転用するのは如何か・・・という事もあり、製作に関しての図面は書き直してパーツを作る事とした。

これです。

???という所だろうけど、子供のころ誰もが遊んだ"アレ"にサイズを合わせてある。

これを見て「ああアレですね」と仰るのは男の子か、お子様お持ちの奥様かも知れませんね。日本が誇るあのメーカのアレです。

ちょっと専門的なお話を。スケールと言う言葉をご存じでしょうか・・・・知っている人からは「その位知っている」でしょうけど、おさらい的に・・・

言葉としてはまず"物差しの事"・・・・いきなりそれか?と言われて仕舞いそうですが、実は一番に来るのはこれだと良いかもと個人的には思うのです。・・・・・だからひねくれていると言われるのかも。

"尺度"としてのスケールは・・・うーん・・・如何なんでしょう。起点がそこで生まれた言葉じゃない気もします。多分。でも間違いでも無く、あとは大きさに関わる事ですと、"規模"でしょうか。

尺度・・・スケール的にはミニカーの種類により(メーカー発基準?)それぞれ、車種、販売におけるパッケージ・・・・あと、なんと言っても"大人の事情"ってやつでスケールが変わる・・・だけなら良いんですが、、、、"大人の事情"の続きはまた後日。

これに関しては"1/122スケール"で、何故この尺度を採用しているのかの理由は"販売する箱"の大きさに由来する・・・と言われていたような。気のせいだったら御免なさい。

重機としてのシルエットが似ている+あくまで説明用の役者的な物でOKとの事だったのでベースに使わせてもらう事とした。こんな事されると思って無かったろうな・・・開発メーカーとしては。

これ其の物が主役とあらば色々と言われそうな出来ですが、説明用のあくまで"役者"という事でご容赦頂いた・・・納品した物の改訂番というか、細かく言えば構造違いと云おうか。

重機の種類の中でも"パイルドライバー"という物でいわゆる"杭打機"だそうな・・・・見た事有るかも・・・重機建設機械好きで好きでしょうがない人からすればエコノミーですねWWと言われそうかな。

本当は運搬する時の収納?の仕方も違っています。ご愛敬としてください。壊れないのというのも条件としていたので簡略表現です。

本当ですともっとパーツが付いて其れっぽい物(ウェイトや、アウトリガ―)が付きますが、工事説明用故にこれで終わりにしています。

2021・04・9『予習期間と思って』/p>

蔓延防止であろうと、緊急事態であろうと守っていきたい物は変わらないのでは無いでしょうか。

本当の目的は家族一同元気で過ごす。国家の最小単位である一家の健やかなることを臨みます。

其れさえできれば大丈夫。 か、どうかは各々事情もありましょうが、成り立ちえません。

マスク会食に関して云々といっていますが、それは当たり前の事だろう・・・・けど中々できないのが人情でしょうけど、でもね、理屈も言葉も通じない相手ですので、皆様ご理解をして頂きないなあ。

理屈じゃない。純粋なウイルスの蔓延と戦いはこれからが本番と思います。始めましょうよ。

 

2021・02・6『最適化』/p>

色んな無駄をなくす事は必要か?

気持ちの上での勿体ないは場合によってはだけど新たな不合理を呼び起こすこともある。

・・・・なんだけど如何でしょう?ほんとにそれ無駄かまでは捉え方でがらりと変わるのではないだろうか。

心情的な事を含めての不合理を断ずる前に観察の目を養う事が大事。考察に至る余裕を持たないといけないと感じる。

終わったことを水に流してとはいかない。気に病むことなく冷静な目をもち、落ち着いて考えることが必要。

 

2021・02・9『割れないガラス』/p>

ガラスを使った仕事をするときは悩むもので、確たるゴールが見えない限りは手を(頭を先に動かす意味で)動かしてはいけない。

それこそ専門の業者様に頼むのだが、カット、穴あけ等は設計上の齟齬があると絶対に上手く行かない。

やり直しの効かない事は紙の上(画面の上?)で整合性とクリアランスがはっきりしてないと駄目で、その理由として割れてしまうのが最も厄介な理由だろう。

その割れてしまう理由として2つ。それは"硬度"と"完全性"にある

まあ、ご存知の方の方が多いともうが軽くカッターを当てても中々傷がいかない。モース硬度は5・・・??鋼よりは柔らかいのか??

実のところ言えばこの硬度"5"という数値は"見かけ上"でもことであろう。細密観測のできる機器で見れば解るかもしれないが、その傷状に見えるものは小さな割れだったりすることの方が多い。

"結晶"状態に置ける凝固は構造を支持しあう事により形状を保つが、ガラスの場合ちょっと特殊な現象を帯びる。

結晶転移する際に"完全"な状態を作ることが出来ない。なので一般的ガラスと強化と言われる状態の物は硬度に違いが出る。不完全なものを強化した物を作るのが精々なのだ。

結晶としての強度があまりに結び付きが強く、固いので均一な転移をする事が難しい。

理屈の上ではガラスは鉄よりも強い。故に割れる。

 

2021・02・9『やってみないと解らない』

大失敗をして仕事の仕込みなおしをすることに・・・・いやこれを書いてる者限定の話題なのですが。

納期に少し余裕があったり、同僚の慰めがあったり、、、トホホなのだが原因を探るのが一番大事。

結論から言えば観察力の問題だろう・・・・物がどう変化をするかに関しての理解が足りていない。実は結構それで間違いや、特に"不出来"さを呼び起こす。

もっとよく見るべきだなあと考え悩む。

 

2021・02・1『親切心』

中々に難しい事ですが、、、、女性蔑視発言で荒れていますが、問題の本質を取り違えてはいけないかなあ・・・なんて。

なんて・・・女性蔑視を最もするのって男性女性もだと思うんです。

いやまあ男性社会になりがちな事、要素と言ったものが明らかに両性にあるのではと言う気がする。

ジェンダー問題は人それぞれだが、本当の問題はジェンダー其の物にはないのではないだろうか。

もっともっと"個"の問題として捉える事が必要になると思われてならないのです。

男と言う群、女と言う群から発せられるモノでは無くなって居るのではないのかな〜という事を世代問わず理解してほしいのです。

 

2021・02・1『余寒なお去りがたき折』

なかなか理解できない事が・・・

非常事態の宣言がなされており、3週間程。

遠方より来たるありて・・・ん??今ですか。

日頃お便りない方の訪問がたまにある・・・んのだけど何で今なんだろう?暇なの?。

ウチは満喫やらゲームセンターかい?今じゃない今じゃないよ!来るんだったらね。落ち着いたら来ようよ。必ず落ち着いてくるから今じゃないんじゃないの??

まあ・・・来る場合でも気構えなくお気楽には弊社の社風だから構わないのですが、一応会社です。法人です。

そこの所考えて下さいと言うと角も立つやら雰囲気悪くなるやらはあるかも知れないが相手の事を考えて振舞おう。うん。

 

2021・01・19『伝えるお話伝わらないお話』

コミュニケーションの壁って何処まで超えられるのか。等という事をテレワークやらWEB会議等を見ると考えてしまう。

実際にあってお話ししてみて・・なんてことをよく耳にする。していた。以前は。

先日クライアント担当者様が弊社を訪問。本音を言えば気がとっても引けたのですが、こればかりはどう仕様も無いかなと考え、ご足労お願いしたのですが。

来る前にはお電話口で注意喚起させて頂き(弊社の地元コンビニはこんな感じだからとか)当日検収の後で、スタッフが「取っ手も好青年ですね」等とのたまっていたのだが・・・。

いやー・・・・とってもお世話になっているのよなんて前振りしていたのに、実際に顔を合せると雰囲気やらを人は感じ取りやすいのだろう。

技術が進み一般化が進められればもっとWEB会議等もバーチャルホログラフやらが役に立つ時代が来るのかもしれません。というかしないとダメなのかも。

昨日運転をしながらラジオで聞いた話・・「言葉の力について」の中でも文面や、画面からのみにての言葉と、会って会話する言葉の脳に与える影響の違いについて語っていた。

ここには一つ鍵があって、実際に会った時の人の緊張緩和作用が大きく物を言うような気がする。無言で目の前に立たれると大概が人は(程度ありますが)緊張するもので、それを解放されるカタルシスが脳に非常に大きい作用を及ぼしているように思える。

裏を返せば、保護状態・・・匿名だったり、画面越しだったり、する時の言葉の影響は発信側と受動側でまた細かく作用が分かれてより一層「言葉そのもの」表現の仕方を問われるような思えてならない。不足は限界を生むのだろう・・かな???

仕事で言葉を使う事の難しさを痛切に感じるこの頃の話。

 

2021・01・19『異常事態宣言?』

これはちょっと間違うとむやみに責を問うなと言われそうなことなのですが。

聖域の如く教育現場が浮世から独立〜閉鎖しているようなお話を。

とある教員さんがお熱を出したそうで〜38.6度程なのですが〜翌日には登校して教壇にお立ちになったと・・・。

ん〜?ちょっと待て日本語合ってるかな?いや聞いた通りです。人聞きそのままです。何度も尋ね直した位です。

PCR検査の実施拒否のお話(それも企業主体での)とかもあったけど・・・・日本国内にいるんですから、解釈(独自)やら、契約制限(独自)やら皆様、独立性独自性高すぎて全くついていけないです。

それはマナーが如何たら、お店を守るか・・・なんて事を好き勝手やらせられなくなるのも道理で。やっぱり自衛しないといけないかなあ。

〜警察とか揶揄する前に、身近な、もっと身近な問題をメディアには取り上げてもら…えないだろうなあ。

何故かと言えば、情報の・・・それもトピックス的に上る話題には検疫的な"力"が多分にかかっているからだろうなあ。

おっと・・・これ以上は引っかかりそうなのでこの辺で・・・(何にでしょう?)。

 

2021・01・18『臨機応変にを辞書で引くと』

昨今コロナ中心で世界が動いていますね。

思うように感染者数が減らなくて、イライラするのは分かりますが、大した効果の無い政策しか打ち出せないのに・・・お店ばっかり虐めないで・・・という感じもします。

そんな中でマスクを鼻を覆わないで試験を受けた高校生が失格となったそうだけど・・・そこで識者ぶってまた発言する人もおり。

いや・・・・事実関係解らないんだからとやかく言わず勝手にやってください、そんな場合じゃないでしょう?考える事他にあるんじゃない?学校問題だったら他にとんでもない問題あるでしょう?

さて仕事の話でも。

商品の開発とか・・・云わば内幕部分の分野に関わっているせいか、ちょっと気になる事を。

舵取りとしては難しいかもしれないのですが、アフターコロナなんてちょっと前までは言ってました。そう。ちょっと前までは。

ワクチンの接種が始まれば〜と仰る方もいるのですが、そんな簡単に事が済むんでしょうか?副作用は?有効な期間は?。

とらぬ何とやらを口を開けて待っているよりかは、1年の教訓〜学んだことを役に立てるような物をもっと打ち出していくべきではと感じます。意欲的な所と、そうで無い所との温度差を激しく感じます。

企業のトップの方に・・・・政治の世界でもそうですが、もう少し世界が変わった、そして変えていくことを意識して欲しいのです。

 

2021・01・12『これを書くのは』

ちょっと私的には踏ん切り付かないが、書いてみましょう。

大事な事でもあるし。

特にマスクをしない人には問いかけたいし、その周りにいる人にも聴いてほしいかもしれません。

新しいウイルスが発生して1年(以上?)経過した現在ですが、変えなければいけない事でも変わらない人が居ます。

基本、ウイルスの症状には2通りの発露があると思っています。一つは免疫の対抗札としての"発熱やら咳やら色々"・・・・・もう一つは一般に後遺症と言っている"心筋炎やら肺の繊維化(変性化)と言った本当の意味での障害。

周知の事と思いますが、新しい病原に対して私たちは抵抗力に乏しいです。それを防いだり、感染の確率を劇的に低下させることが出来るのは"気遣いとマスク"だと言われています。

気遣いはまあ、人を急かしたり、割り込んだりすれば当然距離も近くなるでしょうし、トラブルが起きればより接触も強まる可能性が高いです。

マスクは自分が罹患するよりも人に移さない効果がとても高いです。特に会話をすると、てき面に差が出ます。

さてここまでで、「そんな事は知っている。」と仰る方が殆どでしょう?そうですね。皆知っていて出来ないだけです。

かつて私は失いました。ウイルスで。親を。自分がかかった病気が元でした

亡くなった当時は原因不明の病気だったので、理由が分かりませんでした。やがて病理学の成熟の過程で、その病気の原因も解る様になりました。

何年かに1度の周期で流行る夏風邪のウイルスは、大抵の場合は発疹、発熱等の症状を経て完治します。しかし稀に症状の軽度なまま無症状化して、長い潜伏期間の後で重度の障害や症状を引き起こすことがあります。

やがて症状は進行して死に至るという物でした。私がその病気を家に持ち込んでから、親が亡くなるまで実に15年位。

軽症だから〜無症状だから〜は実際は体の中でどのようなせめぎ合いをしているのかの指標には成らないのです。

いま、私たちは如何すればウイルスを移すリスクを低下させながら日々暮らしていくかの知識を得ているはずです。自分の都合によってそれを曲げて、自分勝手にふるまって・・・・の、最たるものが"気遣のないマスクを付けない振舞い"

外せば必ず人に移します。外している人に近付いて会話をすれば自分が大事な人を危険にさらす事になる事を理解してほしいと思うこの頃です。

皆さんの家族や、大事な人の為に。

 

2021・01・07『先送り』

様々な利害があるだろう。

それは分かる。でも恥知らずは、平気な顔をして物事を先延ばし先延ばしにする。

それを恥とも思わないのは如何であろう。あ、道理だった。恥知らずなんだもん。

まあ、現実は時間という大きな助勢を後ろに連れてやってくるですよねー。

今の現状。

 

2021・01・06『実勢調査』

日中、社外に出る要件があって外に出て要るついでに人の動きを観察してみた。

やはり人手はまずまず出ていて(昼時)店舗を見てみるとちょっとは入れないかなあ??と言った感じ。

個人で外食店を利用する時のボーダーは超えていて、そこでマナーの悪いお客がいれば多分ダメダメだろう。お店の人の苦労が垣間見える。

夜間にも言えることで、時間を短縮した営業を行おうとも短い時間で"マナー"が破綻すれば・・・・たとえ一人でも感染者生産力は落ちないだろう。

そう考えると"時間"よりもその場の内容自体を問わないといけないわけで、外食系のルポ専門の方が仰っていたように、如何に"お客さん"がお店をつぶさないかの努力という物が問われているのではないだろうか。

GOTOにしても、移動するのは1次的動作であり、その先の細やかな気遣いこそが必要であろうと考えます。

皆さんは好きなお店あります?潰したいですか?守りたいですか?

僕が好きだったお店はもう2件無くなりました。守れなかった。

 

2021・01・05『緊急"時短"?』

大晦日に1200人越えの感染者が"発覚"という書き方でOKなのかしら??。

なんで飲食店の営業時間短縮という話になるんだか解らない解らない。

まあ、実際効果があるかと言えばそれなりにあるんだろうか・・・という考えも出来る。。。何でか??

町に出てみると解る。現状、飲食店を利用している人たちのモラリティはとてもとても低いというのが現状だからだ。

マスク無しで会話なんて普通。いや、感情的には解るけど、コロナに関しては、、、というか感染症は感情論ではどうにもできない所があって、あくまで理屈だけ。しかもシンプル。

制限を課せられる側が決まりを守っていて、不利益を被る。従わなければ公表するとか??いいCM効果は得られそうだなあ。

年跨ぎで同じ話題になってしまうのは如何とは思ったのですが・・。

おや?、思ったのですが、勿論利用客にも制限やさらし者になるリスクを背負わせるんですよね?