MIZUKI shop

・ 三角合せの木製ゴミ箱 ・ 

作ったきっかけは探しても欲しいものが無かったことから。木で、三角形、そんなゴミ箱。部屋にも家具として溶け込む物が欲しかったから。要らない事と必要な事。それらを簡潔な形にしました。 強度と利便性、そして合わせる楽しさ。木が温かく感じるようにしたくて仕上げはオイルフィニッシュで。 組み合わせで分別がしやすくなるから蓋は2種類に。

全体寸法     W 330 × D 235 × H 350[mm]

容量約7[L]    推奨10[L]ゴミ袋(コンビニレジ袋Mサイズ相当)

穴寸法      丸口 : 直径100[mm] 三角口 底辺156[mm] 斜辺89[mm]

 

塗料        ワトコオイル(ナチュラル)

素材        レッドシダー  ファカルタ(芯材)

ハンドメイド品販売サイト minnne  にて販売中

ハンドメイド手仕事品販売サイト iichi にて販売中

・ ケヤキの標本カードケース ・

納得できない作りだったものをリファインしたのがこの品物。方向性を考えないで仕事を始めるとこうなるという悪い見本のままだったものを漸く(1年ぶり!)定まった品物になりました。何を作りたいかよりも重要なことを忘れるのならば作らない方が良いでしょうし、答えを見つけられたのは何もなく周りの人たちに感謝です。分類表記に短い解説を付けて、持ち歩く標本といった所でしょうか。

全体寸法――――縦H 111 × 横70.5 × 厚み8  [mm]

使用アクリル板厚――2 [mm]

容量――――――一般的な名刺約10枚程度 交通機関ICカード等

素材――――――アクリル ステンレスボタンキャップM3ネジ

ハンドメイド品販売サイト minnne にて販売中

ハンドメイド手仕事品販売サイト iichi にて販売中

・ カマリンタンエボニーの名刺入れ ・ 

カマリンタンエボニーとは縞黒檀の事。嵌め殺しはしないという方針のもとに作るとなると・・・真っ先に浮かんでやりたくないと思った形状がこれ。木の機嫌によって動かしにくくなったりするのでは?と言うのが理由でした。

そもそも最初は木製品は作らないつもりでした。理由は素材頼みな所が多々あるのと、製作されている例が多いこと。比較しても恥ずかしくない物を作るにはコストがかかります。などなど。

結局素直な材料の力を借りて何とか漕ぎ着けた感が・・・・やらされた感じで最後まで作業をしていました。分解、清掃どうやるのか??という物とは違う物になったような気がします。木工のみと言うわけではない弊社の考え方を反映させたつもりです。

全体寸法――――縦H 110 × 横70 × 厚み10  [mm]

使用材―――――縞黒檀

容量――――――一般的な名刺約10枚程度 交通機関ICカード等

素材――――――アクリル 六角M3セットネジ

ハンドメイド品販売サイト minnne にて販売中

ハンドメイド手仕事品販売サイト iichi にて販売中

・ ヒノキ iPadタブレットスタンド 戊−tsuchinoe ・

抗菌能力の高い?iPadスタンドを作りました。

最近では世相もあって抗菌・抗ウイルスな物を求める人も居るのでは・・・思い立ったら時間のあるうちにササッと作業に移る。

余計な太刀を入れる悪癖がある者が作った割にシンプルなのもいい形になったのは、材料の原価のせいか?

耳は残そう。ヤニの出る所をありがたいと感じるのは普段だと無い話なので、不思議な気分。

ブラッシュアップをこんなにもしない製作物は何時ぐらいぶりだか(笑)

抗菌だけでなくウイルスの不活性化作用もうたわれて居る様ですが、滅菌、ウイルスの無力化は使う人の習慣、心がけ!!具体的かつ信用のおける実証データが無いのに効果をうたう存在は大勢いる事を知って、正しい習慣を身に着けることは大事です。

こんな時期だからこそ、人の助けになってくれるものの助力を借りたいと願い、製作いたしました。

全体寸法(正面から)  幅230mm × 奥行き148mm × 高さ39mm

仕上げ         #400番ペーパ仕上げのみ

素材          ヒノキ材

スタンド推奨デバイス  iPadでは2以降 (9.4mm以下の厚みのタッチパッドデバイス)

推奨アロマオイル    ヒノキエッセンシャル

ハンドメイド手仕事品販売サイト iichi にて販売中

・ ヒノキアロマディフューザー 芯持ち ・

木工用語に明るい方なら"芯持ち"と言う言葉をご存じかも知れません。

材(板なり、角なり)の断面の中に木の幹の中心を含む材料の事。 特性として多方面の荷重に対して強く変形しにくい。 良い所ばかり挙げれば聞こえは良いのですが、装飾的な面で見るとこれが扱いに一工夫を要求されるのではないだろうか。

時間的変化で樹種によりけりですが割れが起きやすく、自発的に反りやすい。 そのため、背割りと言う溝を切って性質をコントロールする方法もあったり。

蓋を開ければ大人しさとは縁遠い性質を持っていて、扱いに苦労させられる。 その木の個性を発揮させてアロマディフューザーを作ってみました。

芯持ちの角材にドーナツ状の穴を掘り、周りに溝を刻む。 水平方向には縁切りの溝を。オイルがヘッド部分でなるべく染みていく形を目指しました。

取り扱いとしては丸棒状の部分にエッセンシャルオイルを垂らして使用します。

全体寸法(正面から)  幅45mm × 奥行き45mm × 高さ77mm (近似値)

仕上げ         #400番ペーパ仕上げのみ 天面は加工のみで研磨無し

素材          ヒノキ材

推奨アロマオイル     ヒノキ ヒバ グリーンモス等 レモングラス ブラットオレンジなど柑橘系(ベルガモット非推奨)

ハンドメイド品販売サイト minnne にて販売中

ハンドメイド手仕事品販売サイト iichi にて販売中